南スーダンの死者500人、政府は「秩序回復」と発表

南スーダン首都で戦闘

(CNN) 首都ジュバで激しい戦闘が起きた南スーダンの外務省は18日、国軍が事態を完全に収拾し、秩序を回復したと発表した。今回の戦闘による死者は500人あまり、負傷者は800人以上に上っている。

南スーダン政府は、ジュバの街は平常に戻って市民は職場に復帰し、官公庁も業務を再開したと強調。ジュバ国際空港も営業を再開したとしている。

これに対して国連の報道官代理は「状況は極めて流動的であり、同国がまだ危機を脱したとは思わない」との見方を示した。

同国のキール大統領は16日のテレビ演説で、7月に解任したマシャール前副大統領を支持する兵士らがクーデターを画策し、15日夜から戦闘を始めたと発表していた。

国連は、この戦闘の背景には民族対立があるとの懸念を示していたが、南スーダン政府はこの見方を否定。今回のクーデター未遂は、首謀者らの「権力への野心」が引き起こしたものだと強調した。政府軍と衝突していた勢力はナイル川付近に移動したと説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]