フィリピンのフェリー沈没、死者38人に 82人依然不明

(CNN) フィリピン中部セブ島沖で16日夜発生した貨物船と衝突したフェリーの沈没事故で、同国の沿岸警備隊当局は19日までに、犠牲者は38人に増え、82人が依然行方不明になっていると発表した。

救出された乗客らはこれまでに750人。

衝突や沈没の現場は、セブ州の州都セブから北西へ約3.2キロ離れたマクタン海峡内。フェリーはミンダナオ島ブトゥアンを出港、約20人が乗っていた貨物船はセブからミンダナオ島ダバオへ向かっていた。

フェリーは沈没前、救難信号を発し、沿岸警備隊に届いていた。貨物船は海軍や沿岸警備隊、他の民間船舶と共に救援活動に加わった。

フィリピンでは海難事故が多発しており、1987年には同国沖でフェリーとタンカーが衝突し、1700~4000人以上が死亡する惨事が起きた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]