乗客1人は消防車両にひかれ死亡と断定、アシアナ航空機事故

消防車両にひかれ死亡 アシアナ航空機事故

(CNN) 米サンフランシスコ国際空港で今月6日発生した韓国アシアナ航空機事故で、カリフォルニア州の検視当局は19日、事故に絡む犠牲者3人のうちの少女1人は機外に逃れた際は生存していたが、現場に駆け付けた消防車両にひかれて死亡したと断定した。

同州サンマテオ郡の検視当局者は記者会見で、中国人乗客の16歳少女の遺体には車両にひかれた際に出来る打撲傷と似た傷跡が多数あったと指摘。この傷跡などを調べ、少女は機外に出た時は存命していたと結論付けた。

サンフランシスコ市の消防署責任者は検視当局者と共に会見に臨み、「不幸な出来事。少女の遺族にわびる」と表明した。責任者は、少女をひいたのは同空港に配置されている航空事故対応の消防車両の1台とみている。

アシアナ機の着陸失敗、炎上を受け消防署は現場で、泡状の消火剤を使って機体の延焼阻止などに努めていた。少女は現場周辺にまかれた大量の消火剤の中に紛れていたとみられる。

事故後の救助活動の経緯などについてはサンフランシスコ市警が調べている。

事故機には乗客乗員307人が搭乗。180人以上が負傷した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]