米国とタリバーンが協議へ、現状と見通しは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アフガニスタンのカルザイ大統領

アフガニスタンのカルザイ大統領

オマル師はパキスタンに潜伏し、パキスタンの承諾なしに自由に移動できないと考えられている。パキスタンは否定しているが、オマル師の支持者らはそう見ている。パキスタンは将来のアフガンで影響力を持ちたいと考えている。しかし、もしアフガンがパキスタンの宿敵であるインドに傾けば、パキスタンは影響力を持てなくなる。

・パキスタンは協議にどのような影響を及ぼすか

オマル師の代理を務めるタヤブ・アグハ氏は、パキスタンの許可がなければ、カタールで事務所を開設したり、アフガンや米国と交渉したりすることはできなかっただろう。少なくともタリバーンの一部のメンバーはそう理解している。

パキスタンの情報機関(ISI)は長年、アフガンのカルザイ大統領や米国当局からアフガンのタリバーンを支援していると批判されているが、ISIは否定している。

・今後どのような問題が起こると予想されるか

カルザイ大統領は今後の交渉はすべてアフガンで行うべきだと主張しているが、パキスタンは納得しないだろう。しかし、ここにこぎつけるだけでも大変な苦労だった。交渉を成功させるためには、すべての当事者が真剣に取り組む必要がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]