米国とタリバーンが協議へ、現状と見通しは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タリバーンの兵士。カタールでタリバーンと米国との間で協議が行われる

タリバーンの兵士。カタールでタリバーンと米国との間で協議が行われる

(CNN) アフガニスタンの反政府武装勢力タリバーンと米国との協議が20日にカタールの首都ドーハで行われる見通しとなった。

タリバーンは先ごろ、カタールに交渉の窓口となる事務所を開設するなど、アフガンや米国をはじめとする国際社会との関係改善を進める動きを見せつつある。

米国とタリバーンとの協議を前に、現在の状況や協議に至った背景について整理する。

・協議の内容は

タリバーンはカタールに事務所を開設し、そこでアフガンと米国の当局者とアフガン紛争の終結に向けた協議を始める。

・何らかの重要な取引が行われるのか

タリバーンが、2014年の駐留軍撤退後も米国がアフガンに基地を維持することを受け入れ、米軍基地を攻撃しないことで合意することは可能だろいう。

・双方の要求内容は

米国はタリバーンに国際テロ組織アルカイダとの関係断絶を求めるとみられる。一方、タリバーンはこれまで、アフガンからのすべての外国軍の撤退を要求してきたほか、アフガン政府と軍事組織の中に一定数の代表を参加させることを求めてきた。また現在米国に拘束されているメンバーの釈放も求めている。

・交渉相手はどのタリバーンか

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]