カムチャツカ半島沖でM8.2の地震

(CNN) ロシアのカムチャツカ半島沖で24日、マグニチュード(M)8.2の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が発表した。

震源はカムチャツカ半島西のオホーツク海で、深さ約600キロ。

ロシアのノーボスチ通信によると、約5分間の強い揺れが発生し、多くの人が通りに逃げ出たという。

現在のところ、津波警報は出ていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]