チャベス大統領の遺体、永久保存し一般公開へ

チャベス大統領、記憶に残る数々の発言

(CNN) 5日に死去したベネズエラのチャベス大統領の遺体が、永久保存されて一般公開される予定であることが明らかになった。マドゥロ副大統領が国営テレビで述べた。

マドゥロ副大統領は中国の毛沢東やロシア革命指導者のレーニンを引き合いに出し、チャベス大統領の遺体について、「われらが指導者の遺体は防腐処理の後、永久にクリスタルガラスに覆われて」公開されると述べた。

チャベス大統領の葬儀は8日に首都カラカスで行われる。マドゥロ副大統領によれば、イランのアフマディネジャド大統領やキューバのラウル・カストロ国家評議会議長、ブラジルのルセフ大統領らが参列する予定だという。

チャベス大統領の遺体が最終的に安置される陸軍博物館の準備がいつ整うかは明らかにされていないが、少なくともあと1週間は仮安置されているカラカスの陸軍士官学校で一般の弔問を受け付けるという。

「誰でも好きなだけ大統領を見ることができる。大統領に会いたいと思う人がいるなら、誰であれそうする機会が得られるようにしたい」とマドゥロ副大統領は述べた。

ベネズエラは7日間の喪に服しており、学校も休みになっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]