シー・シェパード、「日本の捕鯨船に攻撃された」と主張

シー・シェパードが攻撃を受けたと主張している日本の大型船「日新丸」=See Special Instructions提供

シー・シェパードが攻撃を受けたと主張している日本の大型船「日新丸」=See Special Instructions提供

香港(CNN) 反捕鯨団体のシー・シェパードが、日本の調査捕鯨船から船体に衝突されたり、衝撃手りゅう弾を投げられたりする攻撃を受けたと主張している。

オーストラリアのシー・シェパード幹部、ボブ・ブラウン氏は21日までに、同国の放送局ABCに対し、南極に近い南海でシー・シェパードの船が日本の大型船「日新丸」に繰り返し衝突されたと説明。さらに、日本政府の護衛船から放水を浴びせられ、活動家に向けて衝撃手りゅう弾が投げられたと語った。

日本の船団はオーストラリアの領海に侵入し、国際法とオーストラリアの法律に違反したとブラウン氏は主張。「日本が我が国の領海で海賊になったのは極めて憂慮すべき事態だ」「オーストラリア政府が行動すべき時だ」と訴えた。

一方、日本の農林水産省は、捕鯨船に対して事実関係を確認中だと述べ、現時点でこれ以上のコメントはできないとした。

ABCによれば、オーストラリアの環境相も事実関係を確認中だと話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]