中国の権力移行 なぜ秘密のベールにつつまれているのか

習近平氏についても、公式発表以外の情報はほとんどない。その性格さえも、政敵により政治行動の傾向を読まれ、先回りして対抗策を取ることに使われる可能性があるために秘匿されなければならない。

公式報道によれば、習近平氏は、中国共産党が最近出版し毛沢東時代をカバーしている「中国共産党の歴史 第2巻(1949年~1978年)」の執筆を主導したと伝えられている。同書は、毛沢東時代の破滅的な出来事を糊塗(こと)するための共産党による新たな試みとなっている。

習近平氏は権力の座にある間に、共産党の歴史に新たな1ページを書き加えることになるのだが、ジョージ・オーウェルの小説「1984年」にあるように「過去を支配するものが未来をも支配する」のであろうか。

本記事の筆者であるバオ・プー氏は、香港を拠点とするニューセンチュリー・プレスの創立者です。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]