ペロシ米下院議長、台湾を訪問する見通し 米台当局者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペロシ米下院議長/Anna Moneymaker/Getty Images

ペロシ米下院議長/Anna Moneymaker/Getty Images

(CNN) 米国のペロシ下院議長(民主党)がアジア歴訪の一環で台湾を訪れる見通しであることが分かった。台湾政府高官と米政府当局者が明らかにした。バイデン政権はペロシ氏訪台への中国の反応を懸念し、警告を発していた。

米下院議長の台湾訪問は25年ぶり。現時点では訪台の予定はペロシ氏の旅程に入っていない。実現すれば、米中関係がすでに冷え込んでいるタイミングでの訪台となる。

台湾政府高官は、ペロシ氏が台湾で1泊する見通しだとも述べた。台北に到着する正確な日時は不明。

米当局者によると、国防総省は東アジア地域での中国の動きを24時間体制で監視しており、ペロシ氏の安全を確保する計画を立てている。

中国は1日、外務省での定例記者会見で、台湾へのペロシ氏の訪問は「重大な政治的影響」をもたらすと警告。中国政府が自国の「主権と領土の一体性」が脅かされていると感じた場合、中国軍は「座視しない」と改めて表明した。

中国軍は台湾について言及しなかったものの、中国軍東部戦区は1日、兵器や戦術を誇示する内容の動画を公開し、「近づいてくる全ての敵を葬る」と表明。「断固準備し、戦闘命令に備える」とも述べた。

ブリンケン米国務長官は台湾を訪問するかどうかはペロシ氏の判断になるとの政権の立場を改めて示し、「我々にはペロシ議長の意図は分からない」と述べた。「議会は独立した、同等な統治機関に当たる」「完全に議長の判断になる」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]