米女優ニシェル・ニコルズさん死去、「スタートレック」の女性通信士役 89歳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米女優ニシェル・ニコルズさん死去、「スタートレック」の女性通信士役

(CNN) SFドラマ「スタートレック」の通信士役で知られる米女優で歌手のニシェル・ニコルズさんが7月30日に死去した。89歳だった。

息子のカイル・ジョンソンさんが公式サイトを通じて31日に訃報(ふほう)を知らせ、老衰だったことを明らかにした。

ニコルズさんは、テレビシリーズのスタートレックやその続編でニヨータ・ウフーラ通信士を演じて有名になった。スタートレックの放送が始まった1966年当時のテレビ界ではまれな存在だった。それまで黒人女性は家政婦などの脇役で出演することはあっても、主要登場人物を演じたことはなかった。ニコルズさんが演じたウフーラ通信士は、スタートレックの多文化クルーにとって欠かせない存在だった。

マーティン・ルーサー・キング牧師は「テレビ史上初めて黒人女性が演じる非ステレオタイプの役柄」と評した。

ウフーラ通信士は、カナダ出身の白人俳優ウィリアム・シャトナーが演じるジェームズ・T・カーク船長とキスを交わす場面もあった。黒人と白人のキスは、実質的にテレビ史上初めてだった。ニコルズさんは2014年のCNNのインタビューの中で、このキスシーンについて「テレビを永遠に変え、人々の互いに対する見方も変わった」と振り返っていた。

スタートレック後は米航空宇宙局(NASA)の多様化にも貢献し、女性宇宙飛行士や黒人宇宙飛行士の採用にかかわった。

スタートレックでUSSエンタープライズ操舵(そうだ)手のヒカル・スールーを演じた俳優のジョージ・タケイさんは、ニコルズさんを追悼するツイートを投稿した。

「ウフーラ通信士としてUSSエンタープライズのブリッジを共にした素晴らしい先駆者のニシェル・ニコルズさんが今日、89歳で亡くなりました」「今日、私の心は重く、私の目はあなたが眠る星々のように光っています」

タケイさんは「私たちは共に長く生き、繁栄しました」という言葉に、2人でバルカン式の敬礼をする写真を添えている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]