新型コロナ感染のバイデン大統領、症状は「改善」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスに感染したバイデン米大統領について、主治医は「著しい改善を続けている」と述べている/Pool/Getty Images Europe/Getty Images

新型コロナウイルスに感染したバイデン米大統領について、主治医は「著しい改善を続けている」と述べている/Pool/Getty Images Europe/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスに感染したバイデン米大統領について、バイデン氏の主治医を務めるケビン・オコナー医師は24日、声明で、症状は「著しい改善を続けている」と述べた。

オコナー氏によれば、現在の主な症状はのどの痛みだという。のどの痛みは体内のウイルスを退治しようとするリンパ球の活性化によるものである可能性が高く、症状の改善は勇気づけられるものだと述べた。

そのほかの鼻水やせき、体の痛みなどの症状は軽くなったほか、脈拍や血圧、呼吸数、体温などはすべての平常値だという。

オコナー氏によれば、バイデン氏は引き続き、飲み薬「パクスロビド(日本ではパキロビッドパック)」などを服用するほか、米疾病対策センター(CDC)のガイドラインにのっとって隔離される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]