バイデン米大統領、コロナ陽性 症状軽く隔離で職務継続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイデン米大統領、コロナ陽性

(CNN) バイデン米大統領は21日、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性となった。症状は軽く、ホワイトハウスで隔離しながら職務を続けるという。

バイデン氏はツイッターに投稿した動画で「元気だ」と語り、症状は軽いままだと国民に伝えた。

バイデン氏は新型コロナワクチンの追加接種を2回受けているが、79歳と高齢のため重症化するリスクが高い。政権高官によると、バイデン氏は終日ホワイトハウスの住居に隔離した状態で「働いたり休んだりする」という。

21日のコロナ陽性判定後にツイッターで共有されたバイデン氏の写真/White House
21日のコロナ陽性判定後にツイッターで共有されたバイデン氏の写真/White House

バイデン氏がコロナ陽性と判定されたのは初めてで、ホワイトハウスのジャンピエール報道官によると、19日の検査では陰性だった。

陽性反応を受けてバイデン氏は抗ウイルス剤「パクスロビド」の服用を開始した。この薬は米食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可を得ており、重症化のリスクが高い12歳以上の軽度から中程度の新型コロナ治療に使用されている。服用にあたっては医師の処方箋(せん)が必要だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]