いじめに遭い、馬鹿にされ、孤立した男子生徒――21人を射殺した18歳容疑者の素顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラモス容疑者のものと思われるインスタグラムのアカウントに掲載されたプロフィル画像/From Instagram

ラモス容疑者のものと思われるインスタグラムのアカウントに掲載されたプロフィル画像/From Instagram

テキサス州のアボット知事の25日の記者会見によると、ラモス容疑者は小学校を銃撃する前に祖母を自宅で銃撃し、現場から逃走。車で小学校へ向かう途中で事故を起こし、ライフル銃1丁とバックパックを持ち、弾薬を入れた防弾チョッキを着て裏口から小学校に侵入した。

学校警官はラモス容疑者を阻止しようとしたが、発砲はせず、ラモス容疑者は教室に立てこもって、中にいた児童19人と教員2人全員を射殺した。

容疑者のことを知る同級生などはほとんどが、ラモス容疑者は人との付き合いがほとんどなく、孤立していたと証言する。

テキサス州公衆安全局によると、ラモス容疑者は地元の高校に通い、祖父母と暮らしていた。友人はなく、犯罪歴も、ギャング集団との関係もなかった。

日中は近くにあるファストフード店のウェンディーズでアルバイトをしていたといい、「物静かであまりしゃべらないタイプだった。他の従業員との付き合いもなかった」「ただ働いて、給与をもらうだけだった」と同店のマネジャーは話す。

元同級生はラモス容疑者について「ひどいいじめを受け、さんざんからかわれていた」と証言。着ている衣類のことや、家庭の経済状況のことで馬鹿にされ、「実際のところ、学校銃撃犯とか呼ばれていた」と振り返った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]