米テキサス州の小学校で銃撃事件、児童14人と教師1人死亡 容疑者も死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
銃撃事件のあったロッブ小学校に集まる警察=24日/Dario Lopez-Mills/AP

銃撃事件のあったロッブ小学校に集まる警察=24日/Dario Lopez-Mills/AP

(CNN) 米南部テキサス州ユバルディの小学校で24日、銃撃事件が発生し、児童14人と教師1人が殺害された。同州のアボット知事が発表した。

事件があったのはロブ小学校で、容疑者の18歳の男も死亡した。

アボット氏によると、容疑者は地元出身で、車を乗り捨て拳銃を持って小学校に侵入した。ライフルを持っていた可能性もあるが、まだ確認がとれていないという。

ユバルディ統合独立学区は事件を受け、全学校の活動中止を発表した。

同学区の警察幹部は、容疑者は単独犯との見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]