米オレゴン州の「尊厳死法」、州外の住民も対象に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米オレゴン州の非住民も「尊厳死法」の対象となることで合意/Milla Antlers/picture-alliance/dpa/AP

米オレゴン州の非住民も「尊厳死法」の対象となることで合意/Milla Antlers/picture-alliance/dpa/AP

(CNN) 医師の手助けによる自殺を認めた米オレゴン州の「尊厳死法」をめぐり、対象を州の住民のみと定めた居住条件に反対する医師が裁判を起こしたことを受け、オレゴン州はこのほど、居住条件を適用あるいは強制しないことで合意した。これで州の住民でなくても、同州で医師の助けを借りて尊厳死することが可能になる。

1997年に制定された同州の尊厳死法では、回復の見込みのない患者が医師の助けを借りて自らの命を絶つことを認めている。

同州のニコラス・ギデオンセ医師は、同法の対象をオレゴン州の住民のみとする条件に反対して訴訟を起こしていた。これについてオレゴン州は28日、「同法の下、居住条件の適用あるいは執行はしないことを決定した」との書面を裁判所に提出。この方針についてはオレゴン州保健局、オレゴン州医療委員会、マルトノマ郡地区検察も同意しているとした。

ギデオンセ医師側の弁護士は、「この和解のおかげで、オレゴン州以外の住民に対してギデオンセ医師が死亡ほう助の医薬品を処方したとしても、刑事罰も民事罰も適用されなくなる」と説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]