銃が原因で失う生涯の年数、自動車事故を上回る 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国で銃による死者が自動車事故による死者を上回ったことが分かった/Getty Images

米国で銃による死者が自動車事故による死者を上回ったことが分かった/Getty Images

(CNN) 米国で銃火器による死亡で失われる生命喪失年数の合計が、自動車事故の死亡による同年数を上回り、外傷による死亡原因で筆頭となったことが、このほど学会誌に発表された調査結果で明らかになった。

22日の外傷外科学会誌に発表された調査結果によると、2017年、銃器のために失われた可能性のある生命喪失年数は144万年に達し、自動車事故によって失われた命の年数(137万年)を上回った。この傾向は翌年の18年も続いた。

この数字は、米疾病対策センター(CDC)の09~18年にかけての統計に基づいている。

研究チームは米国人の平均年齢78.7歳を踏まえ、80歳の基準年齢から死亡時の年齢を引いて、潜在的な生命喪失年数を算出した。

銃火器による死亡理由で最も多いのは自殺だったことが判明。銃による自殺者は増加している。

09年に1万9000件を下回っていた銃による自殺件数は、18年には2万4000件を超えた。10年間の動向を調べた結果、銃による自殺者の大半は白人男性で、潜在的な生命喪失年数は10年間で495万年に上ることが分かった。

一方、銃が絡む殺人事件の死者は黒人男性が最も多く、320万年の潜在生命が失われた。

殺人による死者は若者が多い傾向があり、殺人の被害者になった黒人男性の生命喪失年数は平均で50.5年だった。一方、自殺した白人男性の喪失年数の平均は29.1年となっている。黒人が米国の人口に占める割合は13.4%。

女性の場合、銃が絡む殺人事件の死者は10年間で約10%以上増え、銃による自殺は31%以上増加した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]