米ロサンゼルス、生徒・職員6万2000人が新型コロナ陽性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナ検査の順番待ちで列を作るロサンゼルス統一学区の生徒と職員/Genaro Molina/Los Angeles Times/Getty Images

新型コロナ検査の順番待ちで列を作るロサンゼルス統一学区の生徒と職員/Genaro Molina/Los Angeles Times/Getty Images

(CNN) 米カリフォルニア州ロサンゼルスで生徒や職員約6万2000人が新型コロナウイルスの検査で陽性となったことがわかった。学区のデータで明らかになった。ロサンゼルスでは11日に学校再開が予定されている。

ロサンゼルス統一学区(LAUSD)はすべての生徒と職員に対し、再開前に検査で陰性だったことを示すよう求めている。

LAUSDは全米で2番目に広い学区で、高校3年生までの生徒が64万人以上いる。

約41万4000件の検査結果が記録され、陽性率は14.99%だった。これはロサンゼルス郡全体の陽性率である22%超よりは低い数字となっている。

学区の広報担当はCNNの取材に10日夜に更新された数字が発表されると明らかにした。

基本的な検査要請は昨年8月、新学期が始まる時点で実施された。LAUSDはこの1週間、校内でPCR検査を提供している。自宅で行える迅速抗原検査も配布している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]