白人に席を譲らなかった15歳少女、66年を経て裁判記録破棄 米アラバマ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クローデット・コルビンさんの少年審判の記録が破棄された/CNN

クローデット・コルビンさんの少年審判の記録が破棄された/CNN

(CNN) 今から66年前の1955年、米アラバマ州で白人に席を譲らなかったとして罪に問われた公民権運動のパイオニア、クローデット・コルビンさん(82)の少年審判の記録が、このほど裁判所の命令を受けて封印され、破棄された。

コルビンさんは15歳だった当時、同州モンゴメリー市内を走るバスの中で白人に席を譲ることを拒んで逮捕された。この事件が起きたのは、コルビンさんと同じ行為で逮捕され、公民権運動の指導者として有名になったローザ・パークスさんの事件の9カ月前だった。

アラバマ州の家庭裁判所は11月、記録の破棄を求めたコルビンさんの申し立てを認め、モンゴメリー郡少年裁判所のカルバン・ウィリアムズ裁判官が同月24日、記録の破棄命令に署名した。

同裁判官は、記録の封印についても正当かつ公正な理由があるとしてコルビンさんの訴えを認め、当時のコルビンさんの行動について「彼女自身のため、そして影響を受けた地域住民のためにも勇気ある行動として認識されるようになった」と指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]