米ミシガン州の高校銃撃、デトロイトで容疑者両親の身柄拘束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ミシガン州の高校銃撃で過失致死容疑に問われた容疑者の両親が身柄を拘束された/Oakland County Sheriff's Office

米ミシガン州の高校銃撃で過失致死容疑に問われた容疑者の両親が身柄を拘束された/Oakland County Sheriff's Office

(CNN) 米中西部ミシガン州のオックスフォード高校で起きた銃撃事件で、容疑者の少年(15)の両親が4日未明、同州デトロイトで身柄を拘束された。複数の当局者が明らかにした。

デトロイト警察の報道官はCNNに対し、ジェームズ・クランブリー容疑者とジェニファー・クランブリー容疑者が工業ビルの1階で発見されたと明らかにした。付近では夜中に2人の車が見つかっていたという。

11月30日の事件では少年の発砲により生徒4人が死亡したとされ、両親は今月3日に過失致死容疑で訴追された。

両親は3日午後に予定されていた罪状認否に現れず、以降、当局が行方を追っていた。

息子のイーサン・クランブリー容疑者はテロや殺人などの容疑で成人として訴追された。負傷者も7人出した事件は米国の小中高で起きた事件として2018年以降最悪の規模となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]