バイデン氏、良性ポリープを切除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
定期的な検査を受けるため医療センターに到着し、手を振るバイデン氏(左)/OLIVIER DOULIERY/AFP/Getty Images

定期的な検査を受けるため医療センターに到着し、手を振るバイデン氏(左)/OLIVIER DOULIERY/AFP/Getty Images

(CNN) 米国のバイデン大統領が先週、ウォルター・リード医療センターで定期的な結腸内視鏡検査を受け、3ミリの腸内ポリープを切除していたことが分かった。大統領の医師を務めるケビン・オコナー氏が24日に明らかにした。

オコナー氏によると、検査の結果、当該のポリープは「管状腺腫」と呼ばれる腫瘍(しゅよう)で、良性ではあるが前がん状態になる可能性もある。バイデン氏が2008年に切除したものと似ているという。

オコナー氏は現時点で治療の必要はないとしながらも、定期的な検査を奨励。バイデン氏は7~10年のうちに改めて内視鏡検査を受ける予定だとした。

検査後、オコナー氏が記したメモによると、バイデン氏は「依然としてその職務に堪える状態にあり、いかなる免除も便宜もなくすべての責任を完全に遂行している」。一方でオコナー氏は詳細な検査のため「観察」している2つの領域を挙げた。

1つは公の場で話す際に見られるせきやせき払いの頻度と激しさが増している点。もうひとつは歩行時の異常で、1年程前に比べるとはっきりわかるほど動きがこわばり、滑らかさが失われているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]