女性に初めて米大統領権限、ハリス氏に1時間25分委譲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バイデン氏が麻酔の必要な医療処置を受ける間、ハリス氏が大統領権限を担った/Brendan Smialowski/AFP/Getty Images

バイデン氏が麻酔の必要な医療処置を受ける間、ハリス氏が大統領権限を担った/Brendan Smialowski/AFP/Getty Images

(CNN) バイデン米大統領は19日、定期的な結腸内視鏡検査を受け、麻酔の影響下にあった1時間25分間、一時的に大統領権限をハリス副大統領に委譲した。

米国初の女性で黒人、南アジア系の副大統領であるハリス氏は、一時的に大統領代行を務めることで、またしても壁を破った形となった。サキ大統領報道官によると、バイデン氏の麻酔が効いている間、ハリス氏はホワイトハウス西棟にある自身の執務室から職務をこなしたという。

バイデン氏は20日で79歳になる。大統領就任後初の年次健康診断を受けるため、19日午前にウォルター・リード医療センターに到着した。

大統領が麻酔の必要な医療処置を受ける間、副大統領が大統領権限を担うのは通常の対応となる。ジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)が定期的な結腸内視鏡検査を受けた時にも、当時のチェイニー副大統領に何度か権限が委譲された。

バイデン氏は大統領権限を正式に委譲するため、麻酔を受ける前の午前10時10分、ペロシ下院議長とリーヒ上院仮議長に書簡を送付した。

書簡では「きょう、私は鎮静作用を必要とする通常の医療処置を受ける。現在の状況に鑑み、処置と回復に要する短時間の間、米大統領職の権限と義務を一時的に副大統領に委譲することに決めた」としている。

合衆国憲法修正25条第3節によると、大統領は下院議長と上院仮議長に書簡を送り、「職務上の権利と義務を遂行できない」旨を宣言することができる。「大統領が両者にそれと反対の内容の文書を送付するまで、副大統領が大統領代行として大統領職の権限と義務を遂行する」とされる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]