トランプ前政権、CDCのコロナ対策に「干渉」 米下院委が新証拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トランプ前政権が米疾病対策センターの新型コロナウイルス対策に干渉を行っていたとの報告書が明らかになった/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

トランプ前政権が米疾病対策センターの新型コロナウイルス対策に干渉を行っていたとの報告書が明らかになった/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

(CNN) 米連邦下院の新型コロナウイルスに関する特別調査委員会は14日までに、トランプ前政権が感染対策に関する科学的見地からの指針の改変を迫り、米社会との直接的な接触も阻む圧力を米疾病対策センター(CDC)に加えていたとする新たな証拠を明らかにした。

この証拠の材料をCNNも入手した。これによると、CDCの国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)の所長を務めていたナンシー・メッソニエ博士は同委の聴取に、2020年2月25日に新型コロナの危険性を一般社会に認識してもらうため実施した説明の内容で、トランプ氏の怒りを買ったことを知らされたと述べた。

この説明を終えた後、当時のロバート・レッドフィールドCDC所長やアザール厚生長官と電話で話し合ったとし、アザール氏とのやりとりを受け、動揺を覚えたとも振り返った。

他のCDCの当局者もマスク着用の手引、子どもの感染事例や死亡などに関する記者発表の開催が拒まれた事実に言及。主席副所長だったアン・シューチャット博士は、「CDCの関係者は口止めされているとの思いを抱いていた」とのCNN報道に関連し、「我々の多くがそう感じていた」と認めた。

トランプ前政権がCDCの指針や死亡率に関する週間報告書の内容の書き換えなどを迫っていたことも判明した。この報告書は通常、公表前にその内容が共有されることはない。

同博士は、報告書の真正さを守るため多大な努力を要したと指摘。CDC側は内容の改ざんを確実に防ぐための努力を惜しまなかったとも証言した。

この報告書の編集責任者であるクリスティーン・ケーシー博士は前大統領が指名していた厚生省顧問から送られた電子メールに触れ、報告書発表の中止を求める意図を感じ取ったとも主張。「報告書の内容は大統領を傷つけるのが目的との非難とも受けとめた」とした。

結局、このメールはレッドフィールド所長の指示で削除していたという。

特別調査委によるCDC関係者への一連の聴取記録には、前政権で新型コロナ対策調整官を務めたデボラ・バークス博士の証言も含まれる。同氏は、政権側が無症状の場合、検査は不必要との指針の作成を求めたことを明かした。

この趣旨の指針作成は、医療従事者が同意しなかったにもかかわらず、トランプ氏の下で新型コロナ対策顧問に就いていたスコット・アトラス医師の意向に基づいていたとした。

無症状者への積極的な検査の欠如は、初期の段階で地域社会に感染が広がった主因と判断しているとも締めくくった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]