大統領選の「監査」報告書が発表、集計結果ほぼ変わらず 米アリゾナ州

Courtney Pedroza/Getty Images

Courtney Pedroza/Getty Images

(CNN) 昨年11月に行われた米大統領選のアリゾナ州マリコパ郡での集計結果に関連し、米共和党が委託した企業が行った「監査」について、最終報告書が公表された。今回発表された報告書では郡による集計と数字はほとんど変わらなかった。

今回の監査は、アリゾナ州上院の共和党が「サイバー・ニンジャズ」社に依頼した。州上院が、サイバー・ニンジャズとその下請け企業による発表の最中に、報告書を明らかにした。

サイバー・ニンジャズのダグ・ローガン最高経営責任者(CEO)は、同社に提供された投票数と公式の集計結果は非常に正しい相関関係があったと述べた。今回の手作業による再集計では、バイデン大統領が99票増えた一方、トランプ前大統領が261票減った。ローガン氏は食い違いは非常に小さかったとの見方を示した。

それでも、今回の報告書がトランプ氏やその支持者らによって、より厳しい投票法の導入や2020年の大統領選に対するさらなる調査の実施のために利用されることは確実だ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]