アジア系スパ連続銃撃、4人の殺害で男に終身刑 死刑の可能性も 米アトランタ

銃撃前に店の駐車場に車を止める被告とみられる人物の様子が防犯カメラに映っていた/WGCL

銃撃前に店の駐車場に車を止める被告とみられる人物の様子が防犯カメラに映っていた/WGCL

(CNN) 米ジョージア州アトランタ近郊のスパ3店で8人を射殺した罪に問われた男が27日、同州チェロキー郡の裁判所で行われた公判で4人を殺害した罪を認め、終身刑を言い渡された。今後の裁判では死刑を言い渡される可能性もある。

ロバート・アーロン・ロング被告は4件の殺人罪を含む23件について罪状を認め、仮釈放なしの終身刑4回と35年の禁錮を言い渡された。

ロング被告は同州フルトン郡でも19件の罪で起訴されており、検察側は被害者の性別や人種を標的とするヘイトクライム(憎悪犯罪)だったとして死刑の求刑を予定している。

27日に裁判所に出廷したロング被告は、落ち着いた様子で最初のスパ銃撃を実行した理由を説明した。

本人の証言によると、ロング被告は自称「セックス中毒」のために絶望感を感じて自殺したいと思い、銃と弾薬を購入。途中立ち寄った店でアルコール飲料を購入し、車で最初の犯行現場の「ヤングズ・アジアン・マッサージ」に向かった。この店では過去に性的サービスを受けたことがあると主張している。店の前に着くと、車の中で1時間ほど飲みながら、自殺するか店内の人を殺すか考えていたという。

心を決めると店に入って奥の部屋で「サービス」を受け、その後浴室に入って外に出ると銃撃を開始したと証言した。被害者が誰だかは分からなかったとしている。

事件は今年3月16日に発生。ロング被告はアトランタ郊外のチェロキー郡にある同店と、アトランタの北東にある2店で銃撃を行い、数時間後に逮捕された。

殺害された被害者8人のうち6人はアジア系の女性だった。この事件は、全米で急増するアジア系米国人に対する人種差別や暴力の実態や、アジア系女性に対する蔑視感情を浮き彫りにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]