英国への渡航警戒レベル、最高に引き上げ 米国務省

米国務省は、英国への渡航情報を更新し、警戒レベルを4段階中で最も高い「渡航中止」に引き上げた/Mike Kemp/In Pictures/Getty Images

米国務省は、英国への渡航情報を更新し、警戒レベルを4段階中で最も高い「渡航中止」に引き上げた/Mike Kemp/In Pictures/Getty Images

ワシントン(CNN) 米国務省は19日、新型コロナウイルスの感染者が急増する英国への渡航情報を更新し、警戒レベルを4段階中で最も高い「渡航中止」に引き上げた。

米疾病対策センター(CDC)が同日、英国の感染状況を最高レベルの「極めて高い」に引き上げたことに合わせて変更した。

英国への渡航情報はこれまで、警戒レベル3の「渡航再検討」となっていた。

国務省は、ワクチン接種が完了している場合は感染や重症化のリスクが低い可能性もあると指摘。海外への渡航を計画する前に、CDCによる接種状況別の勧告を見直すよう呼び掛けた。

英国ではすでに成人の大半がワクチン接種を済ませているが、変異株の感染が急拡大し、1日当たりの新規感染者は今年に入って最も多い5万人近くに上っている。その一方でイングランドでは19日、感染対策の規制措置がほぼ全面的に解除された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]