ファウチ所長、「2つの米国」を警告 ワクチン接種率とデルタ株で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地域別でワクチン接種率の差、ファウチ所長が警告 米

(CNN) インドで見つかった変異株(デルタ株)が米国での新型コロナウイルスの感染件数の4分の1以上を占めるなか、米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は1日までに、大部分の人がワクチンを接種したところとワクチン接種率が低くて感染が急拡大する可能性のあるところの「2つの米国」がすぐにでも生まれるかもしれないと警告した。

ファウチ所長はCNNの取材に対し、ワクチン接種率が高いところと低いところの差が激しいことについて「非常に懸念している」と述べた。

ファウチ所長は、ワクチンの接種率が低いところに感染しやすい変異株が重なれば、州や市、郡などで個々の感染件数の急増が起こることになり、「まるで2つの米国のようになる」と語った。

しかし、ファウチ所長は、新型コロナウイルス感染症はワクチンによって、全体的に回避や予防が可能だとも指摘した。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「新型コロナウイルス」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]