「世界一の超早産」で生まれた赤ちゃん、1歳の誕生日を迎える 米

出産直後のリチャード君/Guinness World Records

出産直後のリチャード君/Guinness World Records

新型コロナウイルス感染拡大のため、両親は病院に泊まれず、ほかの家族も面会できなかった。両親はウィスコンシン州の自宅から毎日病院へ通い、担当チームも全力を尽くした。

リチャード君は半年間の入院を経て昨年12月に退院した。カーン医師はその日、リチャード君を抱き上げながら生まれた時の姿を思い出し、涙ぐんでしまったという。「手のひらに収まるほど小さく、まだ皮膚が薄くてろっ骨や血管が透けて見えていたあの子がと思うと、抱き締めてよくやったねと伝えずにはいられなかった」と振り返る。

リチャード君は自宅で、家族と3匹の犬に囲まれて誕生日を迎えた。ベスさんは、息子が世界記録を樹立したことについて「驚きは今も収まらないが、うれしく思う。早産への関心を高めるきっかけになれば」と話している。

リチャード君と両親/Guinness World Records
リチャード君と両親/Guinness World Records

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]