殺人容疑者、トラを連れて逃走 警察が行方追う 米ヒューストン

メディアを通じ市民に情報提供を呼び掛ける米ヒューストンの警察署長/Houston Police

メディアを通じ市民に情報提供を呼び掛ける米ヒューストンの警察署長/Houston Police

(CNN) 殺人罪に問われて保釈中の男が自宅の庭でベンガルトラを飼っているのが見つかり、逮捕に駆け付けた警察を振り切って逃走した。米テキサス州ヒューストン警察が10日に記者会見して発表した。

ビクター・ウゴ・クエバス容疑者(26)は同州フォートベンド郡で殺人罪に問われて保釈中だったが、近隣住民がトラを目撃した。

容疑者はサルも飼っていたという情報もある。ヒューストンではサルをペットとして飼うことは禁止していないが、トラの飼育は違法行為に当たる。

クエバス容疑者の自宅には非番の警官が駆け付けた。しかしヒューストン警察が現場に到着すると、同容疑者は白いスポーツ用多目的車(SUV)にトラを乗せて走り去った。

今もクエバス容疑者は拘束されておらず、ヒューストン警察はツイッターを通じて市民に情報の提供を呼びかけている。「トラについても捜査を続けている」とした。

ヒューストンではトラの飼育は軽罪に当たり、違反すれば500ドル(約5万4000円)以下の罰金を言い渡される可能性がある。

クエバス容疑者は昨年11月に殺人罪に問われ、保釈されていた。当局は今回の事件を受け、保釈の取り消しを請求する方針。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]