米議会議事堂前のバリケードに車突入、警官2人死傷 容疑者は射殺

米議会議事堂前のバリケードに男が車で突入し、警官2人を襲って死傷させた/J. Scott Applewhite/AP

米議会議事堂前のバリケードに男が車で突入し、警官2人を襲って死傷させた/J. Scott Applewhite/AP

(CNN) 米首都ワシントンの連邦議会議事堂前で2日午後、男が車で警察のバリケードに突っ込み、議会警察の警官1人が死亡、1人が負傷した。議会警察のピットマン長官代行が記者会見で明らかにした。

ピットマン氏はその後、死亡した警官の身元をウィリアム・ビリー・エバンス氏と発表。議会警察に勤続18年のベテランで、緊急対応部隊の一員だったと明らかにした。

ピットマン氏の声明によると、エバンス氏は北側のバリケードで単独犯に襲撃されて負傷し、この時の傷が原因で亡くなったという。

記者会見での説明によると、容疑者はまず「憲法通り」に設置された警察のバリケードに車で突っ込んだ後、刃物を振り回した。その後、警官が容疑者を射殺したとしている。

連邦および地元捜査当局の情報筋はCNNに対し、男の身元はノア・グリーン容疑者と特定されたと説明。連邦当局の情報筋によると、年齢は25歳だった。

ピットマン氏は捜査が進行中だとしているが、差し迫った危険はなくなったとみられる。捜査当局が「外部からの治安上の脅威」は排除されたと判断したことを受け、議会警察はこの日午後、数時間に及んだ議事堂の封鎖を解除した。

ただ、容疑者はすぐに無力化されたものの、今回の事件が3カ月足らず前に起きた議事堂襲撃事件を想起させるのは間違いない。最近は厳戒態勢が一部解除されていたものの、事件以降、治安に関する懸念が議会関係者の脳裏を離れたことはない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]