就任から2カ月超、ハリス米副大統領がようやく公邸に入居へ 修繕の遅れが要因

米海軍天文台にある副大統領の公邸=15年10月15日、首都ワシントン/SAUL LOEB/AFP/Getty Images

米海軍天文台にある副大統領の公邸=15年10月15日、首都ワシントン/SAUL LOEB/AFP/Getty Images

(CNN) ハリス米副大統領の報道官は1日、ハリス氏夫妻が来週、副大統領公邸に入居すると明らかにした。建物の修繕が原因で、就任から2カ月以上引っ越しが延びていた。

ハリス氏夫妻は現在、大統領の招待客が宿泊する「ブレアハウス」に住んでいる。同館はホワイトハウスとペンシルベニア通りを隔てた位置にある。

副大統領公邸はホワイトハウスから数マイル離れた米海軍天文台の敷地内にある。

報道官のツイートによると、公邸では空調システムのメンテナンス、煙突の配管の交換、硬材の床の刷新などが行われていた。こうした修繕は入居前に行うのが容易だとしている。

CNNは1日朝にブレアハウス前に引っ越し用のトラックがあるのを確認した。

複数の情報筋は、入居の遅れでハリス氏がうんざりしていると明かしていた。

公邸はワシントン北西部にある19世紀の建物で、カーター政権のウォルター・モンデール副大統領の時代から公邸となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]