スーパー店内で発砲、警官含む複数人の死者 米コロラド州

(CNN) 米コロラド州ボルダーのスーパーマーケットで22日午後、発砲事件が発生し、現地警察によると、警官1人を含む複数人が死亡した。犠牲者の数は現在確認中としている。

警察幹部は重要参考人1人の身柄を確保し、負傷により手当て中と発表した。市民への危険はなくなったとも言い添えた。

現場は市南部にある大規模なショッピングセンターの一角。ボルダー警察は市民に向けたツイートで、この周辺に近づかないよう呼び掛けていた。

CNN提携局KMGHの空撮映像には、上半身裸の男性が2人の警官によって店から連れ出され、救急車で運ばれる場面が映っている。男性は腕と右脚に血のようなものが付いた状態で、後ろ手に手錠をかけられていた。店内の銃乱射にかかわった人物かどうかは確認されていない。

店の外では複数の救急車や警察車両が待機した。空撮映像からは、警察が数人を離れた場所へ誘導し、特殊部隊の車両や警官らが動き回る様子もうかがえる。店の屋上にも警官の姿が見えた。

  
      
米コロラド州で発砲、警察が現場に出動 

目撃者が撮影した動画には、店内外に身動きしない人がいるとみられる様子が映っている。銃声とみられる音も聞こえる。

当局は現場に何人の犠牲者がいるのか明らかにしていない。

警察は午後4時20分のツイートで、警察の作戦行動を目にしてもソーシャルメディアで拡散しないこと、近隣住民は外へ出ないことを要請した。

ポリス知事はツイッターに、事態を注視していると書き込んだ。

警察はツイッターで、約5キロ離れた地点でも武装した危険人物の通報があったとして、人々に屋内に退避するように呼びかけた。これはスーパーでの発砲とは無関係と後に判明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]