12歳少年、祖母の家に押し入った強盗2人組を銃撃 容疑者1人死亡 米

12歳少年、祖母の家に入った強盗を銃撃

(CNN) 米ノースカロライナ州ゴールズボロで、民家に押し入って高齢女性を銃撃した2人組の強盗に向かって、女性の孫にあたる12歳の少年が銃撃した。容疑者は現場から逃走したが、うち1人が間もなく発見され、搬送先の病院で死亡した。

ゴールズボロ警察のフェイスブックによると、13日午前1時ごろ、リンダ・エリスさん(73)の自宅に顔を覆った2人組が押し入り、金を要求してエリスさんを銃撃した。

孫の12歳少年は、「自衛のため」2人組を銃撃したと警察はみている。2人は現場から逃走したが、警察は近くの交差点で、容疑者のうち1人を発見した。容疑者は19歳の男で、銃で撃たれたと思われる傷を負っていた。

警察は、この19歳の容疑者が侵入した2人組のうち1人で、押し入った際に撃たれたとみている。

祖母のエリスさんと容疑者は市内の病院に運ばれたが、容疑者は後に死亡が確認された。エリスさんはけがをしているものの命に別条はなく、現在の容体は安定しているという。

警察は、12歳少年の立件は予定していない。

もう1人の容疑者については、CNNの取材に対し警察の説明はなかった。

12歳少年の大おじにあたるランドルフ・バンさんはCNN提携局WTVDに、「(侵入者が)彼の祖母を撃った。彼も撃たれていたかもしれず、自分も撃たれていた可能性がある。私たち全員が殺されていた可能性があった」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]