トランプ前大統領に無罪の評決、議事堂乱入めぐる弾劾裁判

連邦議会議事堂乱入事件をめぐるトランプ前大統領の弾劾裁判で無罪の評決が下された/SAUL LOEB/AFP/Getty Images

連邦議会議事堂乱入事件をめぐるトランプ前大統領の弾劾裁判で無罪の評決が下された/SAUL LOEB/AFP/Getty Images

(CNN) 米上院は13日、連邦議会議事堂乱入事件をめぐるトランプ前大統領の弾劾(だんがい)裁判で無罪の評決を下した。

有罪評決には出席議員の3分の2にあたる67人の賛同が必要とされたが、投票の結果は有罪57票、無罪43票だった。

ただし共和党で有罪を支持した造反議員は7人と、弁護側の予想を上回った。トランプ氏に対する1年前の弾劾裁判では、同党から重鎮のミット・ロムニー議員だけが有罪支持に回っていた。

今回造反した共和党議員の1人は、昨年まで上院情報特別委員会の委員長を務めていたリチャード・バー氏だ。同氏は今週、退任した大統領を弾劾裁判にかけることが憲法上認められるかどうかをめぐる採決で、共和党側の主張に沿った「違憲」票を投じていた。

同氏は採決の結果を受けて違憲の議論からいったん離れる立場を示し、トランプ氏が事件を扇動した有力な証拠があるとの考えから有罪に賛成したと述べた。

一方、上院共和党トップのミッチ・マコネル院内総務は事件をめぐるトランプ氏の行動を厳しく批判したものの、退任後の弾劾は違憲との立場から無罪票を投じた。

この日の審理では評決に先立ち、検察官役を務める民主党下院議員団が急きょ新たな証人招致を求める一幕があった。

下院議員団は、事件当日にトランプ氏が下院共和党トップのケビン・マッカーシー院内総務との電話で暴徒の制止を拒否していたとの報道を受け、通話内容の詳細を知るジェイミ・ヘレラ・バトラー下院議員の証言を要求。しかしその後の交渉でこれを取り下げた。

取り下げの背景には、証人招致は審理を長引かせるばかりで、無罪を主張する共和党議員らの翻意は望めないとの判断があったとみられる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]