米、7月末までに3億人分のワクチン確保 バイデン氏が宣言

米国立衛生研究所を訪れたバイデン大統領。後ろにはファウチ国立アレルギー感染症研究所長の姿も=11日/SAUL LOEB/AFP/AFP via Getty Images

米国立衛生研究所を訪れたバイデン大統領。後ろにはファウチ国立アレルギー感染症研究所長の姿も=11日/SAUL LOEB/AFP/AFP via Getty Images

(CNN) バイデン米大統領は11日、今年7月末までに米国民向けの新型コロナウイルス感染症のワクチンを3億人分確保できるとの見通しを示した。

バイデン氏がメリーランド州の国立衛生研究所(NIH)を訪れ発表した。「昼夜を問わず私の前後に立っている人々が働き、すべての米国民に接種するのに十分なワクチンを購入した。今は多くの人々が接種を受けられるように取り組みを進めている」と述べた。

先月後半にバイデン氏が公表したスケジュールでは、3億人分のワクチン調達は夏の終わりか秋の初めを目標としていた。今回の発表でそれが繰り上がる形となる。

バイデン氏は「今日の午後、モデルナ製ワクチンを1億回分、ファイザー製ワクチンを1億回分追加購入する最終契約にサインした」と発表。追加の2億回分は予定より早い7月末に調達できると説明した。また両社が6月末までに供給予定だった1億回分は5月末までに納入を早める合意がとれたとも述べた。

バイデン氏はトランプ政権にはワクチン配布の計画がなかったとも言及。「彼は十分なワクチンを注文せず、接種のための十分な人手を動員せず、対象者が接種を受けられる連邦のワクチンセンターも立ち上げなかった」「3週間前に大統領に就任した際、米国は国の大部分で接種の計画がなかった。ひどい状態だった」と述べた。

バイデン氏はまた、就任100日で1億回の接種を行うと掲げた目標も達成できる見込みだとの認識を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]