トランプ大統領が「反乱を扇動」、下院が2回目の弾劾決議 米史上初

米下院、トランプ大統領に2回目の弾劾を決議 米史上初

(CNN) 米下院は13日、先週の連邦議会議事堂での暴動で「反乱の扇動」を行ったとして、トランプ大統領の弾劾(だんがい)訴追決議案を賛成多数で可決した。トランプ氏の弾劾訴追は2回目で、大統領として2度弾劾訴追されるのは史上初。

決議案は232対197で可決され、野党民主党に加えて与党共和党からも下院ナンバー3のリズ・チェイニー議員を含め10人が賛成に回った。大統領の弾劾は米国史上4回目。

ただし弾劾訴追によってトランプ大統領が任期中に罷免(ひめん)される事態にはならない見通しだ。下院共和党トップのマコネル院内総務は、トランプ氏の弾劾裁判が始まるのはバイデン次期大統領の就任後になると述べていた。

マコネル院内総務は決議案採択後に発表した声明で、弾劾裁判がたとえバイデン次期大統領の就任前に始まったとしても、就任前に終わらせることはできないと指摘、来週は議会と行政府が「安全な就任と秩序だった政権移行」に専念することを望むとした。

6日に起きた暴動ではトランプ大統領支持者が暴徒化して連邦議会議事堂になだれ込み、死者が出る事態になった。ペンス副大統領や議員らの生命も危険にさらされ、与野党両党でトランプ氏に対する憤りの声が強まっていた。

民主党のペロシ下院議長は採決を前に、「米国大統領がこの暴動を、我が国に対する反乱を扇動した」「彼は辞めさせなければならない。彼は我々全員が愛する国家にとって、今そこにある危機だ」と演説した。

賛成票を投じた共和党のチェイニー議員は声明の中でトランプ氏の行為について「暴徒を呼び寄せ、暴徒を集め、この攻撃に火を付けた」「米国大統領によるこれ以上の裏切りはない」と断じていた。

トランプ大統領は13日にビデオメッセージを発表し、2回目の弾劾には言及しないまま、連邦議会に乱入したのは自身の「真の」支持者ではなかったと主張した。

この中でトランプ大統領は、「暴徒の暴力は私の全ての信念、我々の全ての行動に反している」と述べ、自らの行動が暴動につながった責任を否定。「私の真の支持者は政治的暴力を支持しない。私の真の支持者が法執行や我々の偉大な米国旗をないがしろにするはずがない」と強調した。

大統領はまた、フェイスブックやツイッターなどのSNSに相次いで利用を禁止されたことについて、言論の自由に対する「前例のない攻撃」と反発した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]