米アラスカ州付近でM7.5の地震、アラスカ半島などに津波警報

米アラスカ州付近でM7.5の地震が発生し、津波警報が出された/Shutterstock

米アラスカ州付近でM7.5の地震が発生し、津波警報が出された/Shutterstock

(CNN) 米アラスカ州南西部サンドポイント付近で19日(日本時間20日)、マグニチュード(M)7.5の地震があり、同州パルマーにある国立津波警報センターによると、アラスカ半島とアラスカ南部に津波警報が出された。

同センターは他の米国およびカナダ沿岸の津波の危険度は評価中だとした。

震源はアラスカ半島付近の町、サンドポイントから南東約60マイル(約97キロ)以内の地点。

その後M5.9とM5.8の余震が発生した。

サンドポイントの病院職員は「地震を感じた。大きかった」と語り、住民は津波の脅威から逃れるため大きな地震の後は海岸付近から高台に逃れるとも述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]