ウィメンズマーチで反トランプ政権デモ、最高裁判事指名に抗議 米

トランプ政権や最高裁判所判事の人事に抗議する人々=首都ワシントン/Jose Luis Magana/AP

トランプ政権や最高裁判所判事の人事に抗議する人々=首都ワシントン/Jose Luis Magana/AP

(CNN) 米首都ワシントンなど複数の都市で17日、トランプ政権に抗議する女性たちのデモ「ウィメンズマーチ」が開かれた。

ウィメンズマーチは2017年、トランプ大統領の就任翌日に初めて実施され、今年は1月に続いて2回目。参加者はピンクのニット帽をかぶり、黒いマスクで先月死去したギンズバーグ連邦最高裁判所判事に弔意を表した。

リベラル派だったギンズバーグ氏の後任にトランプ大統領が保守派のバレット連邦高裁判事を指名し、来月の大統領選までに上院での承認を済ませる構えを示しているのに対し、デモ隊は「とんでもない」と書いたプラカードを掲げるなどして抗議した。

参加者の1人はCNNとのインタビューで、米国の民主主義の意外な「もろさ」に恐怖を感じていると語った。

初回のウィメンズマーチは米史上最大規模のデモともいわれ、4年目の今年1月も多数の女性らが参加したが、今回は新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、はるかに少人数となった。

この日はワシントンのほかニューヨーク市、コロラド州デンバー、テネシー州ナッシュビルなどで同時にデモが開催された。

テネシー州ナッシュビルのデモに参加した女性ら/Mark Humphrey/AP
テネシー州ナッシュビルのデモに参加した女性ら/Mark Humphrey/AP

ウィメンズマーチの主催団体では昨年、反ユダヤ主義の人物がいるとの疑惑が浮上するなどして分裂が生じ、幹事が交代していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]