発砲事件、昨年比でほぼ倍増 米NY市

ニューヨーク市警は市内での発砲事件が前年比でほぼ倍増していると発表した/Robert Alexander/Getty Images

ニューヨーク市警は市内での発砲事件が前年比でほぼ倍増していると発表した/Robert Alexander/Getty Images

(CNN) 米ニューヨーク市警は24日までに、市内で今年これまで起きた発砲事件は9月20日の時点で計1123件で、前年同期の580件に比べほぼ倍増したと報告した。

このうち死亡者が出たのは214件。昨年同期は111件だった。他の事件を含めた犠牲者総数は1383人で、昨年同期は679人となっている。

全米の他の都市でも春の後半以降、銃絡みの暴力事件が増え、一方で全般的な犯罪件数が少なくなる傾向が見られる。背景には、新型コロナウイルス対策での閉鎖措置の終了、大量の失業者発生、大規模な黒人への暴力反対デモや夏季には通常、犯罪行為が増えるなどの要因が絡む。

刑事裁判問題に関する超党派系の米シンクタンクによると、米国の主要な20都市で今年5月~6月に発生した殺人事件は前年比で37%増だった。多いのはシカゴ、フィラデルフィアやミルウォーキーなどだった。

ニューヨーク市では40%増だったが、他の犯罪件数は減少。特に重窃盗罪は激減した。

同市内で起きた犯罪件数の総数は9月20日の時点で、前年同期比で1.7%落ち込んだ。2年前と比べれば3.6%減で、10年前からは10.6%減った。犯罪件数の下落は米国の他都市でもここ数十年続く傾向となっている。発生が最多だったのは1990年代だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]