交通取り締まりで黒人男性射殺、警備隊員を殺人容疑で逮捕 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジュリアン・エドワード・ルーズベルト・ルイスさん(60)が警備隊員に撃たれて死亡した/Lewis Family Attorney Francys Johnson

ジュリアン・エドワード・ルーズベルト・ルイスさん(60)が警備隊員に撃たれて死亡した/Lewis Family Attorney Francys Johnson

(CNN) 米ジョージア州で道路パトロール中の州警備隊員が黒人男性を射殺したとして、14日に逮捕された。

州捜査当局の発表によると、ジェイコブ・ゴードン・トンプソン容疑者(27)は今月7日、交通関連の取締まりでジュリアン・エドワード・ルーズベルト・ルイスさん(60)の車を止めようとした。

ルイスさんが拒否したため、同容疑者はパトロール車両で故意に接触して強制的に停止させた後、銃でルイスさんの顔面を1発撃ったとされる。

ルイスさんはその場で死亡が確認された。州捜査当局が検視を行っている。

トンプソン容疑者は殺人と暴行の疑いで郡刑務所に収容され、すでに免職処分を受けた。

遺族の弁護士は14日の声明で、捜査が前例のない速さで進められていると評価した。

全米黒人地位向上協会(NAACP)のジョージア州支部は11日、容疑者の刑事訴追と公民権法に基づく連邦捜査を要求。警察による「際限のない暴力行為」を理由に、同州の非常事態を宣言した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]