米コロナ感染者、500万人を突破 5州で4割超

テキサス州オースティンで病院の収容能力を超えた場合に備えてコンベンションセンターでの新型コロナ患者の受け入れを訓練する医療関係者=7日/John Moore/Getty Images

テキサス州オースティンで病院の収容能力を超えた場合に備えてコンベンションセンターでの新型コロナ患者の受け入れを訓練する医療関係者=7日/John Moore/Getty Images

(CNN) 米国で9日、累計の新型コロナウイルス感染者数が500万人を超えた。ただ、専門家が強調してきたように、実際の感染者数はこの何倍も多い可能性がある。

米国は世界全体の感染者数の約4分の1を占め、死者数も世界最多。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、推計503万6387人の感染者のうち、これまでに16万2851人が死亡した。

米国の感染者数はアイルランドの人口を上回り、アラバマ州の人口と比べても若干多い。

感染者増加のスピードをみると、米国では感染者が100万人に達するのに99日を要した。そこから43日で200万人、28日で300万人に達し、15日後の7月23日には400万人を突破。その後の17日間で500万人に増えた。

感染拡大に鈍化の兆しは見られない。死者数も増加が続き、ジョンズ・ホプキンス大のデータによると、ここ5日間は連日1000人以上の死者を記録している。7月21日以降、米国で1000人以上の死者が出なかったのは4日間のみにとどまる。

テキサス州ペンブロークパークの臨時診療所で鼻腔(びくう)用綿棒を用いコロナ検査を行う医療関係者=7月22日/Joe Raedle/Getty Images
テキサス州ペンブロークパークの臨時診療所で鼻腔(びくう)用綿棒を用いコロナ検査を行う医療関係者=7月22日/Joe Raedle/Getty Images

先週の時点では、カリフォルニア、フロリダ、テキサス、ニューヨーク、ジョージアの5州が国内の感染者の4割以上を占める。

ニューヨーク州は当初こそ感染拡大の中心地だったものの、その後、ここ数カ月で感染者が急増した他州に抜かれた。8日の陽性率は0.78%と感染拡大後最も低くなり、クオモ州知事は「信じられない成果だ。ニューヨーク市民の尽力に感謝する」と述べた。

一方、フロリダ州の9日の新規感染者は6190人で、累計では52万7000人以上。カリフォルニア州で8日に報告された感染者は7000人以上、累計では54万5000人以上となった。テキサス州でこれまで報告された感染者は48万1000人で、約7872人が入院。過去7日間の陽性率は過去最悪の19.41%を記録した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]