トランプタワー前に「BLM」の巨大文字、NY市が制作

トランプタワー前に「BLM」の巨大文字

(CNN) 米ニューヨーク・マンハッタンの中心部にあるトランプタワーに面した道路上に9日、「Black Lives Matter(黒人の命は大切だ)」の巨大な文字を描いた作品を市が制作した。

ニューヨーク市職員は同日午前、トランプタワーのある5番街の延長道路上で制作に取りかかった。この作品の制作は、デブラシオ市長が6月に許可していた。

デブラシオ市長自らもマスク姿で腕まくりをして、公民権運動の指導者アル・シャープトン師とともに、作品の一端を描いた。

トランプ大統領は先週のツイートでデブラシオ市長を批判していたが、これに対してデブラシオ市長は9日、「トランプ大統領は、我々が5番街の高級感をおとしめると言った。だが我々は何もおとしめはしない。我々は5番街を解放し、高揚させる」と力説した。

市が今月に入ってこの作品の計画を発表すると、トランプ大統領は激怒した。大統領は「Black Lives Matter」を「憎悪のシンボル」と呼び、警察が作品の制作を阻止すべきだと主張していた。

トランプ大統領の身近な場所に「Black Lives Matter」の巨大文字が描かれたのはこれで2回目。首都ワシントン市長は先月、ホワイトハウス近くの道路上に、黄色い大きな文字でこの言葉を描かせていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]