犬の散歩めぐり黒人男性と口論、警察呼んだ白人女性を勤務先が解雇 米NY

黒人男性と口論、通報した白人女性 勤め先を解雇に 米NY

(CNN) 米ニューヨーク市中心部のセントラルパークで、リードを付けずに犬を散歩させていた白人女性と、バードウォッチングをしていた黒人男性が口論になり、女性が警察に通報する騒ぎがあった。この女性の勤務先の企業は26日、女性を解雇したことを明らかにした。

騒ぎは25日朝、セントラルパークの中に森林を再現した「ランブル」という一画で発生。白人女性のエイミー・クーパーさんは犬を散歩させていて、黒人男性のクリスチャン・クーパーさんはバードウォッチングをしていた。ランブルで犬を散歩させる際はリードを付けなければならないという規則がある。しかし2人ともCNNの取材に対し、エイミーさんがリードを付けずに犬を散歩させていたことが、争いの発端だったと話している。

クリスチャンさんは、エイミーさんとのやり取りの一部を動画で撮影してフェイスブックに投稿。これが何千回も共有され、ツイッターのトレンドにも浮上した。

動画の中でエイミーさんは警察に電話して、興奮した様子で「男がいるの、アフリカ系米国人、自転車のヘルメットを着けて」「その男が私を撮影していて、私と私の犬を脅している」と訴えていた。クリスチャンさんはほとんど無言だった。

犬はエイミーさんに首輪をつかまれ、振りほどこうともがいていた。

動画はクリスチャンさんの「サンキュー」という言葉で終わっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]