29歳の父親射殺、6歳娘と手をつないで歩行中 治安悪化のNY

米ニューヨーク市のブロンクス地区で娘と歩いていた男性が何者かに射殺された/From Twitter/NYPD Chief Rodney Harrison

米ニューヨーク市のブロンクス地区で娘と歩いていた男性が何者かに射殺された/From Twitter/NYPD Chief Rodney Harrison

(CNN) 米ニューヨーク市のブロンクス地区で、6歳の娘と手をつないで歩いていた男性が、何者かに射殺される事件があった。

ニューヨーク市警は6日、現場の防犯カメラに映った映像をツイッターで公開した。事件が起きたのは5日。男性が幼い女の子の手を引いて道路を横断していたところ、黒い乗用車が2人の横に止まった。

車に乗った人物は、立ち止まって娘に話しかけた男性に向けて窓から銃口を突き出し、男性を銃撃した。男性は地面に倒れ、女の子は走って逃げていた。

銃撃された男性はアントニー・ロビンソンさん(29)、一緒にいた女の子は6歳の娘だった。

ロビンソンさんは胸部に複数の銃弾を浴び、搬送先の病院で死亡が確認された。まだ容疑者は逮捕されておらず、警察が捜査を続けている。

ニューヨーク市警によると、ニューヨーク市で今年に入って発生した銃撃事件は511件と、前年同期の355件に比べて激増した。殺人事件は176件で、前年より23%増えている。

デブラシオ市長は、銃を使った犯罪に対応するため、この夏は車や徒歩でパトロールする警官を数百人増やすと表明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]