米NY市、強盗や殺人が増加 性的暴行などは減少

米ニューヨーク市での殺人や強盗、車両窃盗の件数が前年比で急増しているという/Spencer Platt/Getty Images

米ニューヨーク市での殺人や強盗、車両窃盗の件数が前年比で急増しているという/Spencer Platt/Getty Images

(CNN) 米ニューヨーク市で殺人事件や押し込み強盗、車両の窃盗の件数が前年比で急増していることがわかった。ニューヨーク市警の統計で明らかになった。性的暴行や重窃盗罪の件数は減少したという。

6月14日までの統計によれば、過去28日間に起きた殺人は38件で、前年同期比2倍の水準となった。今年の殺人事件の件数はこれまでのところ159件で、前年比25%増となっている。

発砲事件も394件と昨年の同時期の317件と比較すると24%増加した。

法執行機関の当局者は暴力的事件の急増について、過去6~7年で最悪の水準と指摘した。

殺人事件の急増はギャングや薬物に関連したもので、薬物の売人の間で縄張り争いが起きているという。

今回発表された統計は、新型コロナウイルスの感染拡大や保釈に関する法改正、警察の暴力や人種差別に対する大規模な抗議デモといった3つの大きな変化を受けたものとなった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]