米ミネアポリス市議会、「警察解体」の意向表明 黒人男性死亡受け

ミネアポリス市議会が地元警察の解体と再建を行う方針を明らかにした/Stephen Maturen/Getty Images North America/Getty Images

ミネアポリス市議会が地元警察の解体と再建を行う方針を明らかにした/Stephen Maturen/Getty Images North America/Getty Images

ミネアポリス(CNN) 米ミネソタ州ミネアポリス市で黒人男性ジョージ・フロイドさんが警官に殺害された事件を受け、ミネアポリス市議会の議員9人が7日、市警察への予算拠出を打ち切って警察を解体する意向を表明した。

ミネアポリス市議会のリサ・ベンダー議長がCNNに語ったところによると、市議会議員13人のうち9人の投票は、拒否権に対抗できる多数に相当する。

今回の意向表明は、現在の制度が機能していないことを認めたものだとベンダー議長は述べ、「我々は、特に黒人指導者や非白人社会の声に耳を傾ける必要がある」と訴えた。

解体の具体的な内容についてベンダー議長は、警察に対する予算の拠出を地域社会に根差した戦略に振り向けることを検討していると述べ、現在の警察をどのような形で置き替えるかについて市議会で話し合うと説明。「警察が存在しなくなるということではない」と言い添えた。

フロイドさんの死によって全米で抗議デモが続く中、一部では警察への予算拠出停止や解体を求める声が高まっており、ベンダー議長も先に、「ミネアポリス警察を解体し、革新的な新しい公衆安全モデルに切り替える」とツイートしていた。

一方、ミネアポリスのジェイコブ・フレイ市長は6日、警察への予算拠出停止と解体を表明することを拒み、デモ隊から抗議の声を浴びせられていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]