トランプ米大統領、金委員長への親書を確認 イラン支援も申し出

米国のトランプ大統領。北朝鮮とイランに対し、新型コロナウイルス対策の支援を申し出ていることを明らかにした/Chip Somodevilla/Getty Images

米国のトランプ大統領。北朝鮮とイランに対し、新型コロナウイルス対策の支援を申し出ていることを明らかにした/Chip Somodevilla/Getty Images

(CNN) 米国のトランプ大統領は22日、新型コロナウイルス対策への協力に関して北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に親書を送ったことを確認し、北朝鮮やイランなどの支援を申し出ていることを明らかにした。

トランプ大統領は、「北朝鮮やイランなどについて、我々は他国を支援する用意がある。現状は極めて深刻だ」と語り、「イランはこれに関して本当に困難な時にある。私は北朝鮮に、イランに、そして他の多くの国に善意の手を差し伸べてきた」と強調した。

これに先立ち北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は22日、トランプ大統領は金委員長に宛てた書簡の中で、「疫病対策」に協力する意向を伝えたと報じていた。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、新型コロナウイルスの感染者は世界で30万人を超え、少なくとも1万2944人が死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]