トランプ氏、新型コロナ対策法案に署名 無償検査や有給休暇など

トランプ米大統領が新型コロナウイルス対策法案に署名し、同法が成立した/Chip Somodevilla/Getty Images

トランプ米大統領が新型コロナウイルス対策法案に署名し、同法が成立した/Chip Somodevilla/Getty Images

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は18日、無償検査や有給の病気休暇などを盛り込んだ新型コロナウイルス対策法案に署名し、同法が成立した。

上院はこの日、下院を通過した法案を可決していた。法案成立により、上院は新たな対策案の可決に全力を注ぐことが可能になる。

マコネル上院院内総務ら共和党議員は当初、下院を通過した法案に難色を示していたが、コロナ危機を前に米国民に支援を届けることが急務との認識に至った。

マコネル氏はこの日、「第3弾」の景気刺激策を可決するまでは上院を休会しないと改めて表明した。

法案をめぐる下院での交渉はペロシ下院議長と政権の間で進められ、トランプ大統領も支持を表明していた。

トランプ氏が支持を表明したことで、先週末の採決では与野党の議員がおおむね賛成に回った。その後16日に下院が修正案を可決したことを受け、上院での審議入りにこぎ着けた。

修正後の法案は新型コロナの検査や治療、診断を受けた人に対し、最大2週間にわたり有給病気休暇の取得を認める内容。感染者との接触や症状を理由に、医師や政府当局者から自宅待機を指示された人も対象となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]