米下院議員2人が新型コロナ陽性、議員の自己隔離広がる

新型コロナの陽性反応が出たディアスバラート議員(左)とマカダムズ議員(右)/AP

新型コロナの陽性反応が出たディアスバラート議員(左)とマカダムズ議員(右)/AP

(CNN) 米下院のマリオ・ディアスバラート議員(共和党)とベン・マカダムズ議員(民主党)が18日、新型コロナウイルスの検査で陽性と診断されたことを明らかにした。米連邦議会議員の感染が確認されたのは初めてだった。

事務所の発表によると、ディアスバラート議員は14日夜に発熱や頭痛などの症状が出て、新型コロナウイルスの検査で陽性と診断された。

同議員は18日に発表した声明の中で、「気分はずいぶん良くなった」としながらも、国民に対して新型ウイルスの感染拡大を「極めて深刻」な事態として受け止めるよう促した。何が感染の原因になったと思われるのかは明らかにしなかった。

続いて18日夕刻にはマカダムズ議員がツイッターを通じ、「今日、検査で陽性反応が出たと告げられた」と発表。「自己隔離を終わらせても安全と分かるまで、自宅で仕事を続ける」とした。

米議会では、両議員と接触した可能性のある議員の間で自己隔離の波が広がった。両議員とも、13日に行われた下院議会の採決に出席していた。

米議員はほかに少なくとも14人が、感染者と接触したことを受けて慎重を期すための措置として、自己隔離したり人との接触を避けたりするなどの措置を発表している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]