第2次大戦中の日系人強制収容、カリフォルニア州が公式謝罪決議採択へ

マンザナー強制収容所の様子=1942年ごろ、カリフォルニア州/Jack Iwata/Japanese American National Museum

マンザナー強制収容所の様子=1942年ごろ、カリフォルニア州/Jack Iwata/Japanese American National Museum

決議案はムラツチ議員が先月、他の数人の議員と連名で提出した。

カリフォルニア州は、第2次大戦中にルーズベルト大統領令が出される以前から、日系米国人やアジアからの移民に対して土地の購入や借地を禁じるなど、日系米国人を狙い撃ちにする州法を次々に制定していた。

日系人の強制収容については、1980年になって米議会が連邦委員会を設置し、ルーズベルト大統領令は正当化できないと断定。「人種的偏見、戦時中のヒステリー状態、政治的リーダーシップの失敗」による結果だったと判断した。

その数年後、当時のレーガン大統領は「1988年市民の自由法(日系米国人補償法)」を成立させ、米国を代表して日系人に謝罪している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]